スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装飾文様の本

書店で見かけるとどうしても手に取ってみてしまうのが装飾文様の本。


すぐわかるヨーロッパの装飾文様―美と象徴の世界を旅するすぐわかるヨーロッパの装飾文様―美と象徴の世界を旅する
(2013/02/01)
鶴岡 真弓

商品詳細を見る


時系列に装飾や文様が掲載されており、各装飾の頁の見出しには文明も明記しているので歴史もなんとなくつかめます。
(この"なんとなく"は世界史に疎い私特有でしょうけど;;)

この著者の↓の本は カリグラフィーを始めた当初に購入し、今でもよく見ています。
残念なことに絶版ですが、時折マーケットプレイスで良心価格で出ているので気になっている方は要チェック!


装飾文字の世界―カリグラフィー入門装飾文字の世界―カリグラフィー入門
(1996/05)
パトリシア セリグマン、ティモシー ノード 他

商品詳細を見る



こちらは昨年末に購入した本。


ヨーロッパの装飾と文様ヨーロッパの装飾と文様
(2013/11/22)
海野 弘

商品詳細を見る


時系列に掲載されている装飾の頁と、幾何学や植物、動物、昆虫にいたるまでの文様の解説があって文様事典のような使い方ができます。
写真も美しいので どの頁をめくっても楽しくて飽きない本です。
関連記事

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。