スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIKKEI プラス1に。



昨日のNIKKEI プラス1にカリグラフィーインクについての記事が掲載されていました。
アルファベットではなくアラビア書道家さんのお話でしたが、その中に気になる文章がありまして…。

『インクを入れる墨壺に絹糸をいれておきインクをよく馴染ませて使う。』

インクを絹糸に馴染ませるってどういうことなのでしょう?
掲載画像ではインクが液体ではなく確かに糸っぽいものの塊にしみ込んでいるように見えるので ちょっと調べてみました。 →参考ページ
なるほど、インクが付きすぎないようにするためなのですね…。確かにアラビア書道の道具のペン先にはリザーバーとかついていないようです。
作品はよく目にしたことがありましたが、こういう道具だったとは!



そうそう、このページのメイン記事は『カルトナージュ』についてでした。定期入れの作り方をざっくりと説明してくれてます。

関連記事

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/01/28 (Mon) 22:44 |  | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。