ホルダーのいろいろ



気付けば↑のようにいろんなストレートホルダーを持っていました。左端のはつい先日輸入したもので、カタログで見てコロンとした形が可愛くて、海外カリグラファーも絶賛しているようでしたが、実際手にしてみると、めちゃくちゃおデブさん!私の指より太いこのホルダーでは1mmのニブで書く文字は非常に書きづらく、5mmサイズで大きく書くのには良さそうです。これだけあるとサイズもさることながら ニブの差し口もいろいろです。



左上はスピードボール社で一一般的に使われている円形の隙間が空いたもの。ホルダーそのものは質感も気に入っているのだけど、この径にブラウゼのニブを入れると抜けてきちゃう…(涙) 

右上の金属はミッチェルの小さなニブもホールドできるからいいのだけど…錆びるんです…扱いが雑なので(苦笑)まあ、差し口の金属は取り替え可能なんですが。

左下は半径だけのカーブが空いているブラウゼのホルダー。両サイドにニブを挿せる(ダブルホルダー)のでサイズを替えて書く時は使いやすいのだけれど、ご覧のように差し口まで木製なので朽ちてボロボロに…(ええ、扱いが悪いんですよね…私の;;;) ちなみに、ダブルホルダーは右上の差し口スタイルのものも出ているのだけど、ホルダーそのものが細身で握りづらいんです。(上の画像の左から6番目)

右下は2サイズの径が空いていてブラウゼもミッチェルもスピードボールも挿すことができてオールマイティ♪ コレ、日本製です…タチカワのホルダー。(上の画像 左から2番目)グリップがつるんつるんなので ぷにぷにのグリップホルダーをつけて使用するといいかも。


うーん…なかなか全てに気に入るものってないですねぇ…。




:: パステルとフランス額装 ワークショップ ::

▼日 時:10/12(水)10:00~14:00
▼場 所:SALLASA VILLAGE cafe
     ■Address■ 愛媛県松山市余戸中6-10-10 
        <有限会社 越智工芸工房 敷地内>
     ■Closest station■ 伊予鉄郡中線余戸駅より松山方面へ徒歩約7分
     ■Contact■ Tel・Fax 050-3433-6423
     ■E-mail■ sallasa-village@tau.e-catv.ne.jp

▼受講費:5500円 (お茶とスイーツ込み、材料費込、額代別途)
▼お申込、お問い合わせ:ブログの左フレームにあるメールフォームでどうぞ。
関連記事

Comment

グライセン #-

消耗品ってことで・・・・
私は木製のものが好きですが。

今カリグラフィーから離れてます・・・・
来年4月の展示会に少しカリグラフィー以外のものを展示してみようと・・・・このぶきっよさんの私が・・・・
HP、5日の更新をしてしばらく旅に出ます・・・・帰ってくるのは10月末・・・・その間色々考えてみたいと思ってます・・・・制作方向などを。

2011/10/03 (Mon) 06:50 | URL | 編集 | 返信
リエ #-

◆グライセンさん

なんと!また一段と進化していかれるのですね!何をなさるのでしょう…ご報告が楽しみです。

木製のホルダーは独特の形ですよね…消耗品にしては割高…です;;

2011/10/03 (Mon) 23:08 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts