スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆巻きビフォーアフター

モノは大切に。

お嬢Bの筆巻きが大変なことになっていました(笑)ゴシゴシと洗ってはみたものの一向に墨が落ちる気配もなく…。それならばいっそ…と全体をアクリル絵具で塗ってみたところ、↑のように新品同様になりまして、まさにビフォーアフター。絵具で塗るとなると筆の水分で色が落ちそうですが、アクリルだとその心配もないので大丈夫。『烏の濡れ羽色のような黒一色に赤い紐というのも悪くないぞ』と自画自賛中でございます(笑)
関連記事

Comment

エルメスまま #-

すごい発想ですね~おみごと!物は大事につかわないとね!パーチメント昨日到着・・・今回は早かった~早すぎ!やはり個体差がありました・・・同じものでも前回より薄くしなやかで・・・質としては向上してるのでしょうが、私は前回の堅く、野性味ある方が良かったかな。
現物見れない・・・つらいとこですね!
カリグラフィーの本も当たり外れあるよね~わかるそれ!でも、この業界の本って出会った時に購入しないと
すぐ絶版になるじゃない・・・歴史書、教書、作品集、お国柄の感性の違いってあるよね・・・

2010/10/19 (Tue) 11:31 | URL | 編集 | 返信
リエ #-

◆エルメスままさん

もうオーダーなさってたんですね、パーチメント。
先方まかせの注文になるのがネックでしょうか…。
パーチメントは特に個体差で随分質感も変わりそうですし。

確かに絶版が早いですよね。
意外に「いや、これは別に…」と思うようなものが
ずーっと販売されているという不可思議なこともありますが。

筆巻きにアクリル絵具はほんと手軽でよかったですよ。
実は細部は他にも手を加えてまして…
このあたりは侘び寂びの書とはかけ離れた加工かも。

2010/10/20 (Wed) 05:27 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。