Welcome to my blog

リエ

リエ

石鎚SAなのだ。
画像:「この夏、ボクは初めて高速に乗って かーさんの故郷高知に行ったのだ♪生唾吐きながら(泣)」


気付けばちっとも更新していない、このブログ。何もなかったわけじゃなく、むしろイロイロありすぎて書く余力がないというか…。とかいいつつ、twitterはやっていてそこで何かしらつぶやいていたのだけど。

この夏 思う所があって教室日を週後半にまとめるなど、少し私自身のスケジュール整理をしてみた。それによって虫食い状態だった私の月間予定表がすっきりし、毎週前半にまとまった時間が取れるようになる。インストラクター活動を始めて以来、ずっと足踏み状態だった私のスキルアップにそこを使えるようにしていきたいのだ。

実はここ数年 自分の書いた文字を見ながら「これは本当にカリグラフィーって言えるの?」と疑問を抱いていた。美しい手書き文字というよりは、フローリッシュやバリエーションで誤摩化して何となく綺麗に見える「なんちゃってカリグラフィー」のような気がして モヤモヤとすっきりしない。

もう一度カリグラフィーというものを勉強し直そうと思う。自分が納得できるような文字を書けるように。そのために大幅な教室日程変更をしたのだから。

こんな私の我が儘を快く聞き入れてスケジュール調整に協力してくれた生徒さんたちと、この夏の大切な出逢いに感謝したい。
関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
エルメスまま  

すばらしい壁にぶち当たってますね・・・
私もね、カルチャーで習う文字は文字でのカリグラフィーとして尊重してます・・・ですが自分自身のフレーズからうまれるものはカルチャーの文字では表現できないのです・・・アレンジして表現しようとしてます・・・これが私の文字表現・・・今の心の・・・同じフレーズでも気持ちが違えばまた違った表現(文字)になる・・・

パーチメント届きました。写真に撮ってあるので添付します・・・私にメールいただけますか?

2010/08/25 (Wed) 20:57 | EDIT | REPLY |   
リエ  
◆エルメスままさん

そう、まさにずっと越えられない壁なんですよ。
だんだん高くなっていってる気がしてて。

これが私の文字!って言えるだけのものが自分にはまだなくて
でもそれを作り上げていきたいと思ってます。
そのためには今迄と視点を変えてみるのもひとつの手ではないかと~。


パーチメント届いたんですね!
ちょうど円高ですし、私も紙注文しようかなと思っていたところですー。
といってもアテはないのですが(笑)
画像見せていただきたいので早速メールしますね!

2010/08/25 (Wed) 21:25 | EDIT | REPLY |   
kametsuru  

どもー!もやもやはこれだったんですね。
カティグラファーの壁。これも大きくって一筋縄ではいかんですよね!
最近ツイッターで色んな方々と接するにつれて出て来る壁。
コレをどうやって攻略するかを考えるのかと
もう攻略をやめてしまうのと、二つあるのだと実感しております。
私も凹ったり凸ったりしながら、もがいてみたいとおもいます!
応援してまーす!ファイト!!

2010/08/30 (Mon) 23:23 | EDIT | REPLY |   
リエ  
◆kametsuruちゃん

ぁ、凸む…。
つばくむって入力してもことえりさん おバカさんだから変換できないー(笑

kametsuruちゃんの世界はこれまたもーーーーっと大変だよねー。
正解がないもの。
独自の世界をどんどん築いていってねー!楽しみにしてる♪

ぼそっとつぶやいた「もやもや」をよく覚えてるねー!
壁は高いほど乗り越えがいがあるともいうけれど…
たぶん私の性格上 ぶっ壊しそう…(笑)

2010/08/31 (Tue) 04:41 | EDIT | REPLY |   
kametsuru  
北斗のリエ

壊すのも攻略の一つですww
壁の向こう側に行く方法は一つではないと思ってるので
良いと思います!
私も色々壊したり、飛び越えたり、穴からひも入れてみたり
分析してみたり、時にはだれかと組体操で飛び越えたり
してみたいと思います!

2010/08/31 (Tue) 14:39 | EDIT | REPLY |   
リエ  
◆kametsuruちゃん

あーたたたたたたっ! ってしようかね?(笑)

うん、壊すのも攻略の1つだよねー。
でもなかなかそこに勇気が出せなくてね…。
意外にビビリなのだよw(コラ、信じなさいw

2010/09/01 (Wed) 10:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply