中世写本の色見本

羊皮紙と天然顔料で作る中世写本の色見本セミナーを受講してきました。講師は羊皮紙工房の八木健治先生。写本に使われている天然顔料についての講義は興味深く、高価で手に入れられないような顔料を実際に自分で溶いて羊皮紙に描いた色見本は私の大切な資料となりました。こちらは没食子インクの材料。虫瘤とその煮沸液に硫酸第一鉄とアラビアゴム、そして防腐剤として赤ワイン。硫酸第一鉄の美しい水色の結晶に懐かしい化学式を思...

席次ボードのオーダー

結婚披露宴の席次ボードのオーダーを承りました。新婦様のご要望が《ブラックボードにチョークで書かれたような文字》とのことで紙は黒板のようなマットな光沢のあるぐびきの新橋を選び、文字色は無機質にならないようにホワイトにほんの少しレモンイエローを混色し、イタリック体で。お慶びのアイテムに携わる事ができ、幸せのお裾分けをありがとうございました。ファブリックボードとフレームアレンジは marinさん。...

サラサ マルシェへのお誘い

今週末 サラサ ヴィレッジ カフェさんにて サラサマルシェが開催されます。カルトナージュにフェイクスイーツ(それも和菓子!)、アロマのお香作りだったり いろいろなワークショップが一度に楽しめます。御来店お待ちしております。ご案内はこちら→サラサ マルシェ vol 17...

パリで手に入れたカリグラフィー

久々のブログ更新。先月、フランスに行って来ました。と言っても 滞在はほぼパリでしたが。3年前から始めたフランス語、会話力もまだまだですが、それでもすれ違う人達の話が聞き取れたり、お店で買い物したり。言語がわかると本当に楽しいと実感しました。どこに行っても目に留まるのは やっぱりカリグラフィー関連のアレやコレ。その中でも一番の収穫は 蚤の市で見つけたこの古いノートの束。美しいポインテッドで書かれている中...

語学講座にカリグラフィー

NHKの語学講座【旅するフランス語】でカリグラフィーシーンがありちょっと嬉しくなりました。ロンド体ですね。どなたが書いてらっしゃるのだろう…とクレジットを見たのですがお名前は出てこず…残念。...

ロゴ制作

とある団体の広報紙のロゴを制作。ご縁があってその広報紙のDTPも担当することになり、イラレCS5と格闘(?)すること半月ほど…。ようやく先日印刷会社に入稿したので少しホッとしているところです。DTP担当の特権でロゴにフォトショでエフェクトをかけたり、リサイズしたり。とてもいい経験になりました。...

ふたつの愉しみ

週に2、3回はスイーツを作っています。最近ハマっているのが”3層に焼ける魔法のケーキ”。そしてもうひとつの愉しみがタグを書く事。買ったままにしていたラデュレのスタンプも使わなきゃ(苦笑)...

インクとノート

文字の練習をするのに気に入ってるインクとノート。インクはPILOTの証券用インク。乾きが早いし、使う紙を選ばずに書けるので重宝しています。ディップできますが、インク口が少し狭くオブリークホルダーは使いづらいのが唯一の難点。とはいえ、蓋を開けると墨の香りがするのも落ち着いた気持ちになります。そして練習に使う紙。方眼紙やスケッチブックを使うこともあるけれど、最近 Xハイトを2mmで書く事も多く1mm方眼だとライン...

Congratulations タグ

Congratulations/くるみインクWS用に準備します。...

OPPパックにお遊び

↑『こんなモノにも書けるんですよー』とマーカーの利点をアピールしてきました。OPPパックです、いわゆるビニール袋。これからはキット袋には何か文字書いとこうかな。↑いろいろ入り交じった落書きもしてみたり。↑でも本体よりも写真加工された方が好きかも。アラもごまかされちゃうし、写真のマジックってすごいわー(苦笑) ...